about


栃木市の外れ、西方町真名子の山間で小さな珈琲屋を営んでおります。
そして、これまた小さな焙煎機で一釜一釜丁寧に焼いています。
これもよく聞かれることですが、現在固定の店舗はありません。自宅の一室を焙煎室として使用しているだけですので、来店されてもカフェスペースなどはございませんのでご注意下さい。
その代わりと言っては何ですが、イベントなどへ出張し珈琲を淹れています。

昔から何かで「表現がしたい」「表現者でありたい」と、漠然と考えておりました。
表現したい事柄が何かはまだまだ模索中ではありますが、珈琲を通じて、地球環境の事、地域の事、自分自身を含めた生き方の事。など表現出来ればと思っています。

経済活動をするには、少なからず環境に負荷をかける事になると思います。珈琲という大切な自然の恵みをもらえるこの大地を守るべく、経済活動をしながらも出来る限り環境負荷を減らしたいと考えています。

また、地域には様々な文化があります。文化とは、その地域に住む人の暮らしそのものです。

一杯の珈琲をドリップして楽しむ。そのゆったりとした時間はとても贅沢であると思います。何もかもがスピードを求められる時代だからこそ、そんな丁寧な暮らしを楽しむ豊かな心を、そしてそんな珈琲を栃木の文化として育みたいと考えています。


僕が何かを考えて表現して、それが何かに繋がるとは思っていませんが、無駄では無いと信じています。

僕の珈琲(表現)が、生き方や暮らし方、地域の事、地球環境に有益であれるよう願っております。

            店主 湯澤 和貴

 

 

 

イベント出店風景